一軒家

住宅の防水をしたいならベランダを工事しよう

雨水が侵入する仕組み

男性

防止や解消のための作業

住宅の屋根と外壁の内側には、防水シートが隙間なく張ってあります。これにより、住宅への雨水の侵入が防いでいるのですが、防水シートは薄いので、風などの衝撃で破れたり剥がれたりすることがあります。そのため住宅の表面部分には、頑丈な屋根や外壁が取り付けてあるわけです。これらに守られていれば、防水シートは長く効果を発揮し続けることができるのです。しかし屋根も外壁も、経年劣化により徐々に状態が悪くなります。たとえば亀裂が入ったり、角が欠けたりするのですが、これによりその下にある防水シートも劣化しやすくなります。これが雨漏りの原因となるので、雨漏りを防ぐためには屋根や外壁のメンテナンスが必要不可欠と言えます。特によく行われているメンテナンスが弾性塗料を使った塗装で、これにより屋根も外壁も衝撃に強くなります。すると亀裂が入りにくくなりますし、その分防水シートの劣化も起こりにくくなるのです。既に亀裂が入っている場合でも、防水シートがまだ無事な状態なら、その亀裂を塞ぐことで雨漏りを防止できます。亀裂は、内部にシリコンなどを注入して固めれば塞がります。雨漏りが発生している場合は、防水シートに穴が開いているということですから、その穴を塞ぐ工事が必要となります。部分的に新しい防水シートを取り付けることも可能ですが、穴の周辺も劣化している可能性が高いため、多くの場合は広範囲の防水シートが交換されます。これにより雨漏りは解消されますし、新しい防水シートが劣化するまでは、再度の雨漏りも発生しにくくなるのです。